腕時計は高くないと脅した

腕時計の恐喝は腕時計の表面を安く磨くだけなので、回数が多くなると腕時計に一定のダメージを与えるのは避けられない。また、腕時計は脅迫光を浴びた後の一時的な解決策であり、装着時間が長くなると新しいかゆみが磨かれるからだ。だから普通は特殊な情況ではありません時やはり恐喝して光らないでくださいと言って、さもなくば時計の表面の1層の精鋼の材質を磨いて、時計も更に薄くて更に脆弱になります。最も重要なのは、腕時計の恐喝光は専門技術にも要求されているので、腕時計の恐喝光を専門家の世に任せて処理しなければ満足のいく効果が得られないということです。
カードの男の時計はどうして光を脅かすのですか。
腕時計の恐喝光の流れについては、機械恐喝光は材料表面の塑性を利用して形になり、境界を画定して恐喝光表面の突起の大部分を露出させることで、滑らかな表面を得る恐喝光の方法である。油石の、毛輪、砂紙などが一般的に使われています。手動操作が主な方法です。超精密恐喝光は特殊な研磨工具でレプリカ時計あり、研磨薬を含む恐喝光液では、研磨薬が作業表面に押し付けられ、高い速度で回転する。また、化学的恐喝光化学的恐喝光は、材料の微小凸部でぺこぺこ部を優先的に化学媒体に溶解させ、滑らかな表面を得る。