精彫細琢の日本植絵工芸大暴秘

ヨーロッパ人は、磁器を「china」と言い、漆器は「Japan」と呼ばれ、日本漆器の地位を見ることができる。中国の漆工芸の基礎の上で、日本の漆芸の職人は自国の特色がある植絵(maki – e)を発展させて、欧米の収集家の支持を受けます。その後、この工芸も、表盤の制作にも適用されています。
植絵は金、銀粉が漆の液に入って、乾きた後に押し光処理をして、金銀の色沢を表示して、極めて華貴で、時にナット、銀の糸で花鳥の草虫や吉祥の図案をはめ込んで、これは明らかに唐の漆器の紋様を踏襲している。9世紀末、日本は遣唐使を廃止したが、日本国内は中国の文化を積極的に消化し、平安を中心とした風土人情に適応する芸術的表現を求めている。豊かな「唐風」は、淡くて美しい「和風」に代えられている。平安時代(875年~1184年)の後期には、植絵の技法が徐々に成熟した。
植絵は彫刻の功を重んじて、装飾は繊細で、自然の景色に対する描写に傾いて、山川、千鳥、藤、桜などの事物は日本特有の審美的な情緒を体現していません。鎌倉・室町時代の発展を経て、中国とヨーロッパの異域文化の養分を取り入れ、江戸時代になると、日本の漆器の製法は図案の革新や塗布の手法にせよ、植絵大乗のピークに昇っている。この時の日本の漆器は外観の上で中国の漆器と多くの明らかな区別があります。その「栄帰故里」が中国に流れて、清朝の皇帝はほとんど完全にそれを外来の新しいものとして扱われ、大量に購入するだけではなくて、まだ宮廷は洋漆坊を設置して模造しています。明清漆器によっては趣味の濃い花の動物と繁雑な吉祥の図案が飾られていて、日本の漆器の風格は自然で、深くて、含蓄があります。日本の作家の谷崎潤一郎さんは、漆器が薄暗いことを条件としないと想像できないという。黒、褐色、赤と、何度も薄暗い薄暗い色でした。
植絵の原材料は容易ではありませんが、生漆の出所は日本漆樹(Rharniciicia)のIWCスーパーコピー樹脂から抽出されました。この木は気根の毒の藤の同類で、中央アジアやチベットの高原に生まれます。その栽培の範囲は広くて、今まで、中国の南方、韓国、ベトナム、日本にしか生まれません。日本では、木や木を形容しても、同じ字を同じ字にします。毎年1回しか採集できませんが、採集した後に3~5年置くことができ、耐摩耗に耐え、蜂蜜状の生塗りをします。各国の塗装技術は、漆の質素や漆器の用途によって異なる。漆アートを最も代表するのは主に彫刻、象眼、植絵である。植絵は無限の可能性を作ることができて、これは日本人が発明した漆器の工芸と千変万化の創作によって、トップ技術と上品な設計を結びつけて、すべての芸術の歴史の中で最も優れた配属の一つといえる。この装飾技術はとっくに日本の歴史の中で現れて、紀元八から12世紀になって発展して成熟して、1種の芸術の形式になって、17世紀に今まで更に主要な装飾工芸になって、植絵の技術もそれにつれてますます熟しています。10世紀の中から、その技術はその精緻な製造過程によって、画面がはっきりしていてもぼんやりした感じの特質によって、詩的な寓意に満ちている。