Kack Bay GMT時計金、50年代の定番デザイン要素

今年の時計壇で最も注目されている文字は、「百事圏」ではないと信じています。いわゆる「百事圏」は、50年代にアメリカのパンアメリカン航空からロックXに特別に抜製し、飛行者のために設計された表金GMT – Masマスターから、日照と夜の時間を表す赤、青の外輪で構成されています。そうしなければならない。2006年のロリーXが双色の外輪を休産した後、「百事圏」もそのために消えてから、10年にかけて久しぶりにプラチナ版「百事圏」を発売したが、今年は2018年にはついに万衆に期待されていた鉄版で、憎らしいものは万人前に足りない。です。聡明なロックXはすでにこのようなことが予想されているようで、近年の態度を向上させた姉妹ブランドのチュウジも今年は大熱の復古表のBlack BayにGMT機能を押して、「百事外圏」に変えて、たとえ青色の部分は比較的暗い灰色の色に調整しても、魅力に満ちている。GMTが完成して、中、下の3つの道は完璧に防備します。
今回の主人公のチュウジBay GMTに戻るというと、通常のBlack Bayに由来しており、時・秒針のほか、新たに設定されたGMTポインタも、クラシック「斧針」のデザインを採用し、同時間、表盤6時位に「GMT」という文字が入っているという。GMT – Masマスターの元祖によって設定されていて、外圏は赤、青の2色で構成され、赤色部分の数字は昼間の12時間の目盛りを表していますが、青色の部分は逆に夜間12時間の目盛りを表しています。復古原意。それと同時に、新たなGMTモデルを開発した新型帝舵表のモデルMT 5652は、70時間の動力貯蔵を備えており、誠意はありません。