「夜」は夜の機械表の日付が速いのではない

日付に表示されている機械が自動的に交換されますが、機械装置が換日動作を開始するときに、カレンダーを操作するときに機能が速くなると、換日構造を損なう可能性があります。そのため、いわゆる「日付が速い」という言い方があります。待ち時間は、手動で自動的にプログラムの動作を妨害し、故障を引き起こすことを避けなければならない。自動交換プログラムは、夜8時から午前3時までの間に、この区間も「禁区」と呼ばれています。
でも先日、小編みの友達が「私も昼ごろになったんですけど、日付はどうなっているの?」腕時計の「夜」は、現実生活の夜と混ざっていた。小編については、前段の機械動作の交換の問題であると説明したので、夜は時計の交換プログラムに入った時の「夜」です。一般的な時計は12時間制で、日夜表示されていませんが、停止状態がある場合は、実際の日夜に腕時計の昼夜を判断することはできません。
正しいやり方はまず指針を調整して、時計を2回回転させると交換日(夜12時)になると、時計の表示された昼夜を知っていて、針を朝6時以降、夜6時までの区間に戻して、また時間をかけておくと大丈夫ですよ。機軸のデザインによって、日付が速くなる区間も違うかもしれませんが、必ず「夜」です。
最後にさらに補足してみると、機軸の換日構造が異なっているので、禁煙の容認度に対する許容度が少し大きくなるので(故障かもしれません)。しかし、ロス7750は禁止区域の時間帯が硬く回転すると故障しやすくなります。しかし、最も保険の方法はやはり規則を照らして、禁止区域内で早く日付を調整しないでください。