人生の第1枚の機械表は本当に力の時685手記と愛の時計の過程に入る

小さい時腕時計について何も知らないで、ある度私のお父さんは私を連れて私を連れて行って彼の上海のカードの時計を修理することに連れて行って、私はその時まだ息苦しくて、1つの時計、何かに至っています
四年生の時に、お年玉を持って電子時計を買って、四十以上の大洋を使って、贅沢を感じました。50メートル防水と言われています。学生が知っていたら、何人かは、私が蛇口に向かって半日まで突き進んでいました。もともと青色の表面が白くなってきました~~バンドも切れました。皮筋に縛って持っていきます。4つのボタンも3つ落ちました。
表の考えはまた私の心の中から昇って~年になって、お年玉を持っていて、走太和を殺して(ほほ、老郷はきっと知っています)を殺して、カウンターの上のすばらしい時計を見て、目がくらくらしているのを見て、まず見たのは1枚のCASIOで、店の家は2百余りの大洋をオファーして、袋の中で恥ずかしくて、100元だけ、最後にブロックを選びました国産の電子時計(百聖牛というか、聞きにくい名前で、雑札だと思ってた)
新しい時計があったけど、一番気に入った金は買えなかった。
この時計は家に入ってしばらくしていませんでした。また思い出した時に、電気がなくなったのを発見しました。最も苦いのは、ゴムのバンドがなんと机の上にくっついているのです。
高二の時に省運は補助金と賞金を出して、手元に暇があっても抑えきれなくなりました~~~ショッピングモールのCASIO専用ケース、最終的に7百大洋を使って1枚のG – SHOCKシリーズを手に入れて、10年の電池を誇って、今まで私の6年に付き添って、依然として運転が良くて、電気の量は依然として十分で、ただ持っているのは少しひびがあるだけです。R B人のものを感嘆せざるを得ない。
大学を卒業して社会に出てみると、もう何も似合わなくなってしまったという感じがして、改めて時計を交換する考えが芽生えた。
そんなとき、大学時代にあった愛表族のことを思い出して、(大学の時にカードを交換したいという登山シリーズだったが、その年に何度も山を登ることができない人は、そのような機能を必要としないと思っていた。
更に毒壇に入って、正装表を探して、もともと海の神のシリーズを買うつもりだったが、男の人はいつも機械表があって、帝舵の20 , 500 Nを見て、名士のクレス麦を見た。