アークドロEcreping Onyx月相は時間の旅を言う

Jaecet Droz(アークドロ)は、伝統を創造し、材質と色の違う衝突の中で、腕に時間を話す旅を続けている。

Jaecet Drozは、ブランド独自の鉱物工芸を受けて、Eciping Onyxのために、月相の複雑な機能と黒の縞マーナウカットを表示するための表盤を配置した。

同様に黒の縞マーナウで作ったラケットの影は、さらに驚くほどの反差の効果を形成し、月の笑顔に照らされて猫の遊びを避けていた。
金属の強靭さと鉱石の迫力、図案の繊細さと機械の複雑な間に、Eciping Onyxは全く美しい手法で陽剛の美を透けているアイデアの力を示している。