腕時計には針の撥をする

は、機械の時計が、針機構の故障で、他の部品の故障が発生しやすいとさ。故障が発生してから、そのときには手を回して、手にすることができます。一般的な障害は歯車の歯間頂歯、スリップ。原因の大半は、歯車の歯禿びる、磨耗や部品さびによる。巻きダイヤル針機構部品の多くは钢质、大破しにくい補修、新しいカートリッジ件しかない。故障は人為的にもたらしたものである。取付け時のミス、隙が大きいか過ぎて、歯の間のかみ合いが適当でない。しかしこの故障は、再び調整後から排除することができます。このような故障の外、また以下のいくつかの方面に注意しなければならないことを注意して、もし絃は、「ゲェゲェ」の音で滑る現象が発生し、絃が故障して故障することを説明しました。原因はおそらく巻きすぎて、外にフックを折れそうもありません弦轴フック禿びるや絃箱内掛け摩耗。
ティソ表離合と撥のかみ合いかみ合い針(図2)の処理方法は:発絃を取り出し、検査を行う。もしフックが切れたほか、作製外外フックフック、もし未使用切れ、狭い鑢を絃フック頭やすり割鋭角かかっていて、じゅうく絃図に示すように、3つの作用を枠、釘を枠にインストールを軸に柄。下の角とクラッチと接触し、引き出しの上のプルピン(起位作用)、ハンドル軸、離合、針輪とかみ合いの後、針、図20に示す通り。
巻きダイヤル針調整の方法の説明図(図さん)、大きい圧力バネはばね鋼片.先端きつい圧で位置を枠に縫い付けて枠固定し、その役割は、不安で巻き柄の溝口で、それを移動しない位置には、2つの位置決め下端穴がネジ固定大圧力バネ後に釘をり、枠が位置して外部、まだそれをある離合レバーや離合バネにので、修理部品から絃を脱出の役割。