Apple Watchはまだ発売されていません。パクリ製品に囲まれました。

1月8日、アップルのスマート腕時計Apple Watchはまだ発売されていませんが、これは市場の期待を集めています。
今週アメリカ・ラスベガスで開催された国際消費電子展では、中国メーカー数社がApple Watchのパクリ商品を展示しています。しかし、Apple Watchの最低価格は350ドルと比較して、中国からのパクリ商品の最低価格は60ドルです。
世界最大の科学技術製品展でパクリ商品を展示し、中国のパクリメーカーが新製品を模倣するスピード、精度と胆力を十分に示しています。これらの展示されているスマートウォッチはGoogle(微博)Androidのオペレーティングシステムを採用していますが、ユーザーインターフェースを再設計して、アップルのiOSのように見えます。Apple Watchを模した以外にも、サムスン電子のような外観のギアのスマート腕時計や、Fitbitのスマートブレスレットなどが展示されています。
「フィナンシャルタイムズ」の記者が出展している珠海利明実業有限公司(Zhuhai Liming Industries)の代表者に質問したところ、アップルはApple Watchのパクリに不満を感じているかどうか、「私たちの製品はApple Watchとは全く違っています。」
国際消費電子展でも多くのパクリ商品を発見したクリティブ・ストラテジストのベン・バガリン氏によると、パクリ商品が登場するということはもはや意外ではないという。彼は「中国はパクリ版のハイエンド腕時計を大量に作った」と話しています。同アナリストによると、中国のコピー版のiPhoneとiPadは見た目と同じで、異なるタイプの消費者をターゲットにしているため、消費者も彼らが買ったのはコピー商品だと知っている。現在まで、アップル側はこれについてコメントしていません。
バガリン氏は「貿易展に参加して潜在的なビジネスパートナーを誘致する以外、これらのコピー商品は永遠に中国市場から離れない。でも、すぐに中国市場で安いAndroidのスマート腕時計をたくさん見ます。これらの製品はデザインを切り口としているだけです。これは彼らの模倣に便利です。」
ただし、これらのコピー製品メーカーは出展している中国の消費電子製品メーカーの一部にすぎない。世界最大のPCメーカーとして、レノボは国際消費電子ショーを通じて、新型のハイエンドタブレットを発表しました。ハイアール、TCL、海信などが出展しているほか、新大型テレビ、家電、アメリカ市場での評判を狙う他の電子製品を展示しています。
また、いくつかの小型中国のメーカーも国際消費電子展で愛顧を受けています。彼らの製品は代行製造サービス、Androidタブレットコンピュータ、予備電池セット、自撮り用の特殊サポートを含んでいます。広東メーカーのKINGJOY販売ディレクターのリリー・ホー(Lily He)は「セルフタイマースタンドは今とても流行っています。」彼女はこの会社は現在アメリカ市場で自社ブランドの製品を販売したいと話しています。