時計製品のSwiss madeラベルはさらに強化されました。

時計の価値は少なくとも60%はスイスで作られ、技術の研究開発はスイスで行われるなど規定されています。時計製品のSwiss made(スイス製)のラベルがさらに強化されました。これはこの法案の制定過程の中で最も重要な一歩であり、Swiss madeラベルの公信力をさらに強化するだけでなく、消費者とスイス工業界も利益を受けることになる。
スイス時計工業連合会は2014年12月17日に開催された大会でSwiss made法令(Swiss made関連法令1971年に初めて発売されました。どの時計がSwiss madeという言葉を使うことができるかを定めた法令)を改正するための一連の原則を定めました。現在「Swiss」という文字が使用できる時計は、スイス製のムーブメントを搭載し、メーカーがスイスで組み立て、品質検査を行う3つの規定に適合しています。新たに導入された修正案はこのいくつかの規定に基づいて、もう二つの規定が新たに追加されます。すなわち、ムーブメントと腕時計に含まれる価値の中で少なくとも60%はスイスで作られなければなりません。
まず、規範に60%の割合規定を加えることは合理的であるだけでなく、不可欠である。スイス時計工業連合会は積極的にブランド法案(スイス特性法案、すなわちSwissness)の改訂活動に参加して、これらの製品の中で少なくとも60%を規定しています。2013年6月に議会がこの法案を可決しました。Swiss madeの法令は相応の調整が必要です。元々は機械類製品の80%の割合について規定されていた提案が採択されていませんでした。激しい論証を経て、連邦行政機関はこの提案はスイスを含む国際条約の規定内容に反すると判断しました。しかし、スイス時計工業連合会は、既存の条約に基づいてSwiss madeラベルを強化したいとしています。
第二に、スイスの時計の名前が合っているかどうかは、腕時計の特徴を本当に与えることができる技術、外観、デザイン、サンプルなどの様々な部分から判断する必要があります。その中の製品の産地は製品の特色と性格を構成する重要な要素です。したがって、Swiss madeの新規定において、技術研究開発――特に設計及びサンプルの製作はスイスで行われなければならない。
また、スイス時計工業連合会は2007年に改正案を可決しましたが、2013年6月にスイス特性法案が完成した時に、Swiss made法令の改正が正式に始まりました。スイスの特性法案に関するすべての法令は2015年末に連邦委員会で可決され、2017年1月1日に正式に出発する予定です。