紅点賞腕時計デザイナーの孫公正:設計は問題解決のためだけに

深セン飛亜達会社設計総監の孫公、中国大陸で唯一紅点賞を受賞した腕時計デザイナー。2010年ドイツの紅点賞を受賞した。7月末、ドイツから受賞したばかりの孫さんが、デザインの物語を語った。
設計は問題を解決するためのものである
7月5日、ドイツの工業都市エソンの紅点設計博物館で、2010年に紅点賞の授賞式が行われた。これは廃炭を改築した博物館である。広々とした展示場の中で展示品が間違っていて、神七宇宙時計はその中にある。前紅点賞評議委員会の高登?ブルース氏は「神七宇宙時計は設計と技術が完璧に結びついた手本だ」と評価している。これも「点」の赤点賞の理由でもある。
ドイツの行は孫さんに収穫が多い。「デザインは装飾ではなく、様々な手段を駆使して製品を人間性化し、最終的に人のニーズを解決する」というデザインの本質を見た。
彼は、製品の機能は2つの部分があって、一部は製品の実用性、つまり物理的な機能、別の部分は便利で、つまりどのように人により便利に製品を使用させるか。設計解決の主な主な第2部分の機能問題。宇宙時計はこの点を十分に説明した。
神五、神六など前の2世代スペースシャトルとは異なり、神七表は外の宇宙環境で働いているので、零下80℃からゼロにかけて80℃まで正常に運転できる。どのように電磁の妨害と宇宙ゼロの圧力の影響を抵抗して、はっきりと時間のインタフェースをはっきり表示して、どのように更に宇宙服の外にある時計を配付けするのに便利で、これらは技術に対する要求だけではなくて、設計に対する要求である。