ゼニス 伝統的なスタイルを踏襲した、超薄型&高精度ウォッチ

1969年誕生の“エル・プリメロ”の名声に隠れて、残念ながらあまり知られていないが、ゼニスがクロノグラフとともにもっとも得意とするのが、クロノメーターコンクールで数々の栄誉を獲得した伝説のキャリバー135搭載モデルに代表される、高精度なスタンダードウォッチだ。

この「エリート ウルトラシン」は、その伝統をメカニズムでもスタイルでも継承すべく登場した超薄型&高精度ウォッチ。搭載される厚さ3.81mmの超薄型ムーブメント「エリート681」は毎時2万8800振動のハイビートで、ケースに収めた状態でも厚さは7.6mmに過ぎない。また繊細なラグを持つケースやサンレイフィニッシュ&アップライト(植字加工)の文字盤、ドーム型風防などのデザインも、往年の「エリート」の伝統的なスタイルを踏襲したもの。

いつまでも価値が変わらず、愛用に値するモデルとして、大人の男性にぜひすすめたいモデルである。