Chopardショパン――喀拉哈里女王のドリルの不思議な旅

ショパン1粒の重さによっChopard 342カラットのダイヤモンド稀代の見せ完璧卓絶のジュエリーブランドの高級ジュエリー工房工芸を育成し、有史以来最も貴重なジュエリーキット一輪の高貴な美しい花咲く、砂漠の中で鮮やかなさま。干ばつの干ばつと豊かな土地には、宝飾、宝飾がある。1粒の美しい、純粋無垢、光溢彩の宝石が凝集されてい华天宝以下に新しい物の惊世の美。
この心の絶世の宝石は「喀拉哈里女王」(『オブKalahari)ダイヤモンド。
華彩之源
この不思議な宝石を経場旅が、証人ジュネーヴブランドChopardショパンの独特な風格を、芸術の活力や好プレーの奥秘のありかを表出Chopardショパン掌握ジュエリー制作全工程フローの迫力に。ブランド連合総裁カロ・舍费尔(Caroline Scheufele)を司る全局を進め、ブランド力臻卓越を開拓し、新しい界域。彼女は自らの全行程のフォロー非凡ダイヤモンド化をジュエリーの全体のプロセスを与え、経久の永遠の魅力。
「喀拉哈里女王」(『オブKalahari)ダイヤモンドの重さが342カラットを育成し、「喀拉哈里ガーデン」(ザガーデンオブKalahari)の23ダイヤモンド、そのうち5粒の重さをにじゅうカラット。おかげChopardショパン享富高い名声の完璧な芸術工芸、優れたジュエリーブランド6件で高級宝石工房ではわり誕生。