ロジャー杜彼方Hommageシリーズを携えて時計、デビュー

第24回ジュネーヴ国際高級時計展(SIHH)再度ロジャー杜彼方Roger Dubuisタブ工場が喝採を舞台に、その個性的な独特のパビリオンを成功に惹かれた人目も完璧に演じた、新しい活力を搭載し、驚異的RD100ムーブメントのHommageシリーズ。また良くするために符合するテーマ、ロジャー杜彼方Roger丹念に籌辦DubuisシリーズHommage宴、お祝いHommageシリーズはその新しい顔、再登場。
当社は「非凡機械」の精髄として、Hommageシリーズロジャー杜彼方Roger Dubuis世界の核心を目指し、トップタブと最も感心するへの好プレーに敬意を表する。同シリーズは活力に満ち、乗せて源1995年ブランドの創始者、タブ工場の「魂の巨匠”:ロジャー・杜彼方内外兼修のシンボル的な魅力をさん。展示会の間、ロジャー・杜さんはまた、各界からの訪問者に接見していた。今回の表展で、ロジャー杜彼方Roger Dubuis全力を展示した新しいHommage Flying Tourbillon飛行陀はずみ車Tribute to Mr Roger Dubuis(にロジャー・杜彼方さんを)を採用し玑時計や手作りのHommage粘Double Flying Tourbillon双飛行陀のはずみ車の手作り玑粘腕時計を頼っては歴史は悠久の装飾工芸や革新RD100ムーブメントの力強い動力、完璧な解釈シリーズ表の注目の現代風貌。
ロジャー杜彼方Roger Dubuisホールに身を置くように雪の山の中、生き生きしている。スチームパンク風の時には鍾(カッコウ自鳴鐘)生き生きと展示Hommageシリーズの真実の精神。同シリーズのきらきらと透明なガラスの時計時計に置かれカバーで、かつ、一つ一つ静態彫像神聖上げる、手のひらに、まるで古今の時計を先駆達は称賛にジュネーヴから、更にかつ才能豊かな時計師たちに敬意を表する。こんなに豊か趣味の展示方法を訴えているロジャー杜彼方Roger Dubuisその発祥地無限の愛と尊敬、まさにその持論を100%保証全線ジュネーヴ印(Poin C onのGenèて認証。
パビリオンはいち月にじゅう日月曜日で盛大な開幕式典は、今回の「超え非凡」インタラクティブの旅を頂点に、完璧に呼応した自じゅうに月にじゅう日から、スペシャルサイト(http://www.favoritewatch2016.site/)に放送されたさんじゅう部に融合したロジャー杜彼方Roger Dubuis時と現代重組精神の高級時計芸術れ。イベント開始の際、壮大なカウントダウンの音が白舞台裏が流れ、強いから時計職人陣構成の儀仗隊を暖かく迎えロジャー・杜彼方さんとのCEO Jean-Marc Pontrou Eさんが入場し、正式発表ロジャー杜彼方Roger Dubuisパビリオン開幕。この時、巨大なる時計(カッコウ自鳴鐘)自鸣きゅう、く度、象徴的な手法を紹介Hommageシリーズ表項の静態の像を自動的に回り、独自の方法で“お辞儀をします”に敬意を表する。
言及ジュネーヴ国際高級時計展のCEO、Jean-Marc Pontrou Eさんはブランド「でジュネーヴコアの重要性を、いくつかの世紀から以来、多くの最も偉大な時計の巨匠や発明家はすべてこの歴史が悠久の古城に発展して淬煉彼ら完璧卓絶芸」。彼を強調し、「Hommageシリーズは解釈した伝統的な時計の現代の魅力を代表して、更にブランドジュネーヴ、高級タブ業及び我々が愛したジュネーヴ印に敬意を表すの情。」