時計Begin編集長&部員たちが勝手に選んだ!

「3針SSモデルの戦略価格に注目が集まっていますが、実はゴールドモデルの価格設定も良心的です。同社の丸形にはパトリモニーやトラディションといった名作がありますが、自動巻きでデイト付きの3針モデルとなると、どちらのシリーズでも価格は300万円前後。そう考えると今回のPGモデルで予価221万円は、かなり魅力的です。新作のオリジナルである1956年のリファレンス6073は、当時ではまだ珍しい『自動巻き』として人気を博したモデル。自動巻きにこだわる人には、非常に意味深いモデルと言えます。」(市塚)
自動巻き。径40mm。18KPGケース。アリゲーターストラップ。3気圧防水。予価221万円。