ロレックスの広報担当者、ネット界の巨星フィデラさんが6回も戴冠しました。

1月28日、メルボルンは起伏の激しいオーストラリア男子シングルス決勝において、ロレックスの代弁者――スイスからのネット界の伝奇フィドラーの激戦5セットは3時間3分間かかります。6-2、6-7(5)、6-3-6、6-1でクロアチアの名将の西里奇を下しました。キャリアは6回目のオーストラリアで優勝しました。20席として男子テニス界に座り続け、史上最高の座を獲得しました。ロレックスが提唱した卓越したブランド精神を追求するように、36歳のフィドラーは相変わらず彼の卓越したネット界の歴史を追求し、書いています。
0(4).jpgは高温と高湿度のため、今夜のオーストラリア男子シングルス決勝は屋根が閉まる状態で行われます。第1セットのフィドラーは状態が早くて、2回の破発で相手を打ちました。もう間に合わないです。第二セットは徐々にリズムを見つけて、7点を取って勝ちます。肝心の第3セットはフェデラーのサーブセットは相変わらず金湯のようです。第四セットでは、ラリーが先発された場合に反撃を行い、決勝戦に進出します。しかし、36歳のファドラーは年齢と体力の制約を受けていません。優れた球技と豊富な経験で6-1で勝利を決めます。