端午の追憶、アークドロの中国の真情

どこでも忙しくて、誰の家の共有女、慶端陽。端者、初也、五月初五、端午の端午という。竜舟が競って渡って、ちまきの葉は香る、雄黄の阿草、立ち並ぶのは満室である。千年の歴史を持つ中国の伝統的な祝日の端午の節句は今でも記念と称賛されている。アークドロは、歴史のある中国の文化の中から十分なインスピレーションを得ることが得意であり、中国の要素はブランド作品にも随所に見られている。
1785年、銅メッキは枝雀の鐘を過ぎて広東税関監督のムックとして乾隆皇帝に献上された。これから、ブランドと中国の縁が始まり、伝奇的な絵巻も徐々に展開されている。今まで、アークドロは依然としてそれがかつて中国の皇帝の奇思器用な芸を感動させたことがあって、ブランドにあふれて息が利かないリズムと渇望を満たしています。富貴の吉祥の花の茂みから生き生きとした美しいダンスの蝶から、中国の伝統的な要素はその精髄のエナメルの上で、刻々としたマイクロ絵の中で大きく彩られている。
春分の日は天に登って、秋分は淵に潜っていた。中華民族の瑞祥のトーテムとして、竜はずっと大志を抱いて、天を呑むシンボルです。アークドロは18世紀に初めて華夏の大地に踏み込んだ時に、自分の家の文化に立脚して、龍の美しいイメージを探ってみました。外国人職人にとっては、方寸の表盤の間に竜の趣を発揮するのは容易ではない。