柏倍徳を手にした代理ブランドは2014ミュンヘン時計展

ドイツのミュンヘン時計展は、2014年2月14日から2月17日までミュンヘンで開催されました。これはドイツ最大の時計ジュエリー展です。ドイツのハンブルク、ドイツ、ヨーロッパにある高級時計ブランドの柏倍徳に本部を置いて、今回も手を携えて各ブランドのエステラ、斉の各布延森、勇克士がミュンヘンの時計展をそろえる。その中で、エリカさんは展示会で新品を出しています。
今回の展示会では、柏倍徳グループは時計展で徳中時計ジュエリー促進会の成立を発表した。柏の倍徳グループは、中国の消費者のために純粋なヨーロッパの血統を持つ精密な時計を持って行って、特に中国市場では比較的欠員の徳の腕時計であることに力を入れて、この背景の下で、柏の倍徳の集団の連合ドイツ時計協会、深セン時計協会、各ブランドの代表は徳中時計の宝石の促進会を創立します。徳中時計ジュエリー促進会の趣旨は、徳中両国が時計ジュエリーにおける双方向の交流と協力を促進することである。
徳中時計の交流を増進するために、中国深圳時計業協会は副会長兼秘書長の李静済副秘書長が2月13日にドイツに到着しミュンヘン展に参加した。柏の倍徳グループは全行程を接待し、展示会の初日にドイツ時計協会およびドイツブランドの方、ミュンヘンの展示会と会談を行います。そして、ドイツ時計協会で行われた晩餐会に参加しました。
また、柏倍徳グループのヤオカさんも、展示会で短いテーマ演説を行っている。以前の10年の中で、柏の倍徳は努力して自身の実力を発展させて、ドイツひいてはヨーロッパの多くのブランドと友好的な戦略のパートナーシップを作り上げて、多くの豪華な腕時計のブランドを消費者に推薦して、ますます多くの消費者によく知られています。未来において、柏の倍の徳の集団はもっと多くの徳の中時計の交流を確立して、消費者に徳の表を理解させて、徳の時計が好きです。