クアルコム勇猛な竜プロセッサ命名変えMSMや割絶唱

(Qualcomm Snapdragon)は現在、携帯電話、タブレット型パソコンは、知能の腕時計、スマートテレビなどで幅広い応用の片にシステム(SoC)プロセッサ、今の各大移動設備メーカーを含め、サムスン、LG、ソニー、HTC、モトローラ、アワ、中興、それらの制品に使用して勇猛な竜プロセッサ。普段は携帯を買うとき、よく「勇猛な竜820」、「勇猛な竜821」、「勇猛な竜660」、「勇猛な竜935」という言葉、すべてを指すの異なるモデルの勇猛な竜プロセッサ。しかし、勇猛な竜プロセッサの番号と命名は実際にはこんな簡単に、もし私たちが更に深く研究勇猛な竜プロセッサを見て、また「APQ8084」、「MSM8994」、「MSM8939」、「MSM8992」という文字列。
前3つの英文のアルファベットはこのプロセッサの属性を代表しました。最もよく見られるのはMSMは、モバイルステーションModemの略で、意味は移動モデム駅。上に挙げた例もAPQ冒頭の、APQの意味はアプリケーションProcessor Qualcomm、クアルコム応用プロセッサ。
しかし、今後、このネーミング方式は存在しないという。
有名な微博デジタルブロガー@ i氷宇宙今日暴露「MSM8998その命名の終わりに、MSM9000とかはない。今後変更SDMxxx、たとえばSDM845。」
つまり、勇猛な竜835後、クアルコムはもはや採用MSM + 4桁の命名スタイルは、今後の統一に変えSDMxxx。
事実上、ご初めが外国メディア情報センターはクアルコム発見したSDM630、SDM660とSDM845 3項プロセッサ。
最新のニュースによると、勇猛な竜845が台灣に任せて電気のOEMを採用し、7nm制程、技術指標により、7nm 10 nmの性能向上を25%、消費電力を35%。
また、勇猛な竜845を内蔵ページTOPへベースバンド、もっぱら5Gで生。支持LTE Cat.18、理論の最高速度は1.2Gbpsアップロードは、速度に達することが150Mbps。