メカニカルとデザインが融合したひとつの完成形

新作「L.U.C パーペチュアル T」は、トゥールビヨンとパーペチュアルカレンダー、ふたつの複雑機構を搭載するL.U.Cコレクションの頂点モデル。しかも4つの香箱を搭載するL.U.C クアトロ テクノロジーも採用し、1週間を超える9日間のパワーリザーブを実現した。

さらに公的な精度保証であるCOSC公認クロノメーター、伝統的で工芸的な製造過程で作られることを保証する新ジュネーブシールというふたつの公的な認証も取得している。

つまり、複雑時計の中でも優れた機能性だけでなく、ソリッドゴールドの文字盤、インダイヤルに手作業で施されたギョーシェ加工、そしてムーブメントにはコート・ド・ジュネーブ、ペルラージュなどの模様付け、さらにゴールド製のシャトン(石座)を使った穴石の固定など、スイス伝統の職人技が凝縮されている点においても、まさしく頂点を極めたモデルなのである。