トップクラスのマシンダイバーを創建し、新たな高さBLANCPAIN X FATHOMS

1735年の創立以来、Blancpainは開拓進取の決意を持ち続けています。これまで、Blancpainは潜水領域で60年以上の探索を続けてきました。より正確には、Blancpainのダイビングの行程は1953年に初めて現代潜水表「50」の発売から始まりました。この経典の作品は両方面からの共通の視野を表しています。一方はBlancpain CEOの尚-雅克·フェシーターさん(Mr.Jean-Jacques Fiechter)です。彼は1950年から1980年までの舵取りで、自身も熱狂的な潜水巨匠です。一方はフランスの蛙人潜水突撃隊の創設者である海軍上校のロバートボブマービエです。マロビエと海軍中尉クロード・リフォード。
BLANCPAINブランドの親友で、海洋生物学者と写真芸術家の「X教授」ロレンバレスタワー(Lauren Ballersta)はX腕時計を着用し、科学探検隊を率いて第四回「ラチェット探検研究」を行います。
Blancpainは有名な50潜水表シリーズの中でX Fathoms(X_)トップモデルを発表しました。このX Fathoms腕時計は1953年にデビューした50_の古典的特徴を踏襲し、新たに抜群の性能を示す機械的深さ測定機能を搭載し、強力な機能と比類のない性能を機械的潜水腕時計パネライコピーに組み込み、世界トップクラスの性能を持つ機械的潜水腕時計となっています。Blancpain X Fathomsのトップクラスの機械潜水表は多くの創始発明を与えられました。最も深いところが90メートルに達する機械的な深さ計を含んでいます。そして潜行深さを記録できます。単独で運転する0-15メートルの機械的な深さ計もあります。15メートルの深さで測定誤差は30センチしかありません。また、X Fathomsは率先して5分間の逆ジャンプ停止タイム機能を搭載しています。Blancpain X Fathomsは多くの面で「世界一」となっています。