腕の間の「春の色」――リチャード・ミラーのエロドックRM 73腕時計

昨日の邪悪な目に続いて、今日はまた邪悪だが、その上もなく神聖な話題である「色気」の腕時計。このテーマの腕時計に、旧時代の想像力は「偽り」の現代人に劣らない。この題材の時計の起源は17世紀末で、貴族が華奢な時計の芸術に対する追求を満たすために、ヨーロッパ製表の職人が春宮図を複雑な工芸で皿の上に運んできたことから、春宮表が華やかに誕生した。その贈り物は、貴族さんの人生の最初の教育課であることを知っています。
情色の腕時計にも様々な題材があり、例えば人形類、図柄類など、今年の時計と奇跡の香港表展で、リチャード・ミラーが第1枚のエロティックな腕時計、リチャードミラーRM 69情色の飛輪腕時計を出している。磨きをかけて磨き、緞面の潤いを与えたチタン合金の殻が硬く光沢を浮かべ、精緻なツボ機のコアは、愛人表機軸工場との連携によって、約69時間の動力を提供する。この時間を見て、この名前を見てみると、本当に簡単で暴力的で、新しい動力備蓄指示条は4点位に位置しています。重さが来て、表盤の上の半分のチタンの文字の文字を占有して、着ている人は10時位置のボタンで制御して、申し訳ないと言います。針に遮られて見えない?大丈夫です、8時位のボタンは指針がしばらく隠れていてもいいので、押し止めてからまた帰属する。
総括:情色の腕時計の魅力は表面の図案の上であるだけではなくて、その芸術的価値は更に制限がなくて、かつて教会に一度禁止されているため、今保存されているのは更に貴重で珍しいことである。それらは本物の芸術品であり、実用芸術とされていたとしても。この時計は30枚限定で発行されているので、これらの面白い字句は少数者にしか体験できない。