かつてないオドメータ(走行距離計)を搭載したアラン・プロスト・モデル

アラン・プロストはスピードの世界、そしてリシャール・ミルは時計の世界におけるアーティストです。4度のF1世界チャンピオンに輝き、ルノーeダムスチーム設立に携わった彼とのコラボレーションは、お互いの揺るぎない信頼関係の上に成り立っています。今回のモデルは、双方が持っていた自転車への興味から生まれました。弛みない研究開発が基礎となる航空・自動車産業のように、自転車も技術発展に伴って進化してきた分野です。そうして誕生したモデルとは、すべてが新しく開発されたRM 70-01 トゥールビヨンは、かつてないオドメータ(走行距離計)を搭載しています。

 アラン・プロストやサイクリスト達との膨大な議論の末にリシャール・ミルが気付いたのは、彼らの多くがシーズン開始からの総合走行距離を把握できていない事でした。こうして誕生したRM 70-01は、走行距離を積算する前代未聞のトータライザーを搭載しています。まず2時位置のプッシュボタンで、チタン製の窓から見える5つのローラーから、いずれかを選択します。そして10時位置のプッシュボタンを押すと、選択したローラーを1つずつ進める事ができます。ユーザーの操作は、現在の総合距離に今日の走行距離を足す計算だけです。