「2016バーゼル国際時計展」暮らすとき大秒針(GRANDE SECONDE DUAL TIME)時間の旅

ジャック徳羅(Jaquet Droz)ブランドの創始者、ピエール・ジャック徳羅(Pierre Jaquet-Droz)が独り歩きし、風採がずば抜けている。彼は一人大所高所からの起業家や発明家、彼の時計を受け、啓蒙時代の芸術、哲学の思潮影響、同時に彼も1位のめぐり合わせ非凡な旅人。ヨーロッパ王廷から中国の紫禁城、ピエール・ジャック徳羅(Pierre Jaquet-Droz)の足跡は地球。彼にとって、この「リードして時代のグローバル化」の代表として進歩、美しさと風変わりな気概。
間違いなくて、彼に北京やマドリード際、必ず一枚を持ち歩いている故郷を表示夏德芳ラChaux-de-Fonds)時間の腕時計。両地は時間の概念に深く刻むジャック徳羅(Jaquet Droz)のタブ精神の中で。ジャック徳羅(Jaquet Droz)が多くの経典の理念を表に暮らすとき、たとえばだけで一枚の指針で読み取り十二の都時間の十二都市(ザTwelve Cities)、両地に24時間(Grande HeureGMT)及び両タイムゾーン(ザTime Zones)。
2016年、ジャック徳羅(Jaquet Droz)では初めてと応用に理念その象徴的表つ:大秒針(Grande Seconde)シリーズ。この経典表の配備二つの軽い交合成数字はち形のえこひいきする時間を示す文字盤、無限の可能性に、「はち」はジャック徳羅(Jaquet Droz)の幸運数字、バランスと円満を象徴する。そのため特にブランド開発1項の新しいムーブメントに表示させるダイヤル現地時間に基づいて、同時にろく時位置の偏心秒針盤増設第2の時の表示盤を示す参考時間。優雅で繊細な秒針は、分ごとに回転されない……職人大師達をブランドの美学の理念が現れて、古典絶妙なレイアウト設計を採用して、文字盤ローマ数字に標的に、下の文字盤は採用のアラビア数字時間尺度。また、腕時計より付加復雑機能、すなわち日付表示:日付を通じて赤い針端指針表示を採用し、ジャック徳羅(Jaquet Droz)別格の精緻な造形、簡素化の文字盤空間内でははっきり目。このデザインも読む時の解像度を改善する考えである。ジャックに徳羅(Jaquet Droz)にとって、美学の追求と実用性や卓越した技術の性能に肩を並べる。だから、暮らすとき大秒針(Grande Seconde Dual Time)配備珪質摆轮糸遊、優れ精密クロノ性能、かつ磁場干渉を受けない。