ブレゲ(Breguet)が輝きデビュー2016年バーゼル国際時計宝飾展

自1775年創立のブランド、ブレゲとその非凡革新の作品、咲いているブランド本来の魅力。はずみ車の音では陀とバネ二大発明をはじめ、多くの優れた革新的なデザインは、タブ業をもっと豊富な内包。伝統的な3問時報時計一般タッピングキャップの発生の鳴く音アラーム、1783年まで、時計師阿伯拉ハンコック–ルイ・ブレゲさん(A.-L . Breguet)初絡みムーブメントを利用して週囲の金属糸(つまり音を実現するために、アラーム機能時計ぜんまい)。この革新的な技術の理念を根本から覆す伝統3問表の時報構造、いまだに影響深い登場。ブレゲで会長兼CEOのマーク・海耶克(Marc A . Hayek)さんの指導の下で、ブレゲ付着ブランド独自の歴史の成就、また積極的に開発し、再び転覆3問時報装置の構造設計。
2016年、ブレゲ重ポンド発売Tradition伝世シリーズ3問時報陀のはずみ車の腕時計、前代未聞の傑作と革新、時計コレクターが必要臻品の争いごとに、一方、ブレゲは2016年バーゼル国際時計宝飾展で惚れ高級機械式時計の女性ファンに発表したすべてはサプライズで秀逸だ、Tradition伝世経典シリーズ、Classiqueシリーズ、Reine de Naplesナポリ王妃シリーズとハイJewellery高級宝石腕時計シリーズの心臓は続々と投入した新作レディース腕時計。
今回発売の新モデルを満たすだけでなく表女性消費者の高級時計の待望の、まだをフランス皇後にマリー・アントワネット(Marie-Antoinette)とナポリ王妃卡洛琳・缪拉(Caroline Murat)などがブレゲブランド輝かしい運命の尊い女性客に敬意を表する。世界巡回展』をブレゲ近付いてこれらの証人ブレゲタブ伝奇の傑出している女性や他の7位とブランドの歴史と密接に関係する著名な人物、今回はグローバル五大陸が続々と出展し、2016年さん月じゅうはち日(金)からさん月じゅうく日(土)明るいデビューバーゼル国際時計宝飾展。