Apple Watchは健康状態の検出にライトフィールドカメラを使用します

この技術により、Apple Watchは毛包の開口部、静脈、動脈、腱、結合組織、肌の色合いなどを検出できます。 健康関連のテストを実行できることに加えて、Apple Watchを識別できるようになります。

現在、Apple Watchは、生体認証機能を持たない、Appleが発売した唯一のモバイルデバイスであり、ユーザーがApple Watchのロックを解除する必要がある場合、画面にパスワードを入力する必要があります。 現在の方法ではデバイスのセキュリティをある程度強化できますが、パスワードを入力した人が実際にこの時計の所有者であることを保証することはできません。

AppleはApple Watchのセンサー機能を少し強化しようとしていますが、Appleは睡眠監視機能をテストしており、標準を満たせば2020年までにApple Watchに追加する計画があるという以前の報告があります。