アントニオ・カルスは索風グループの最高経営責任者に就任しました。

開雲グループはアントニオ・カルス氏をソブリングループの最高経営責任者に任命すると発表しました。その任命は直ちに効力を生ずる。彼は開雲グループの「贅沢品―腕時計と宝石」部の最高経営責任者であるアボット・ベンソさんに仕事を報告します。
アントニオ・カルス氏は、索風グループ傘下のGP芝柏時計(Grard-Paerregaux)の和尚維沙(JEANRICHARD)のブランド管理と製造業務を担当する。
開雲グループの「贅沢品―腕時計と宝石」部の最高経営責任者であるアボット・ベンソさんは「アントニオが雲の下の索風グループに加入することを歓迎します。彼は高級時計と贅沢腕時計の分野での豊富な経験と、業界とビジネスリスクに対する深い認識から、彼が管理したブランドを国際市場で発展させていくことを支持します。