ランカはまたドイツIF大賞を得て新商品を携えてバーゼル大展を迎える

2015年第62回ドイツiF国際設計賞(iF Design Awワード2015)の授賞式がドイツミュンヘンで行われた。その受賞リストも発表され、5000の作品が参加し、最終的には75金でiF金賞を受賞し、その中にはアップルApple Watchのスマートフォン、サムスン曲面スクリーン、ドイツ腕時計などの消費レベルに輝いた。iFデザイン賞は、世界三大デザイン賞の1つとして、「デザイン界のオスカー」というものがあり、選考基準は製品の美しさだけでなく、性能、実用性、ブランド価値などを兼ね備えている。1925のドイツの軍表ランカブランドのパイロット表は、その簡素な大気かつ歴史的な個性的なデザインによって、2015ドイツのiF国際設計大賞を再び斬る。
1925年、ランカは、ドイツの製表師、Freed a LacherとLdwig Humelの2人がドイツの腕時計重鎮プフォルツハイムで設立された。1940年、ランカと万国(IWC)、ラン格(A . Lang & Soeher)、スレ華(STOwa)、万密(Wepe)の4つの製表所は、B – Uhr(観測表)の空軍パイロット表計画に共同で参加した。現代のランさんは、第6世代のアニソン・アンデアスGuensherさんによって引き継ぎ、ドイツの現役セカルト警察、駐アフガニスタン軍のオーダーリストである。また、ランドリストもドイツ時計協会の初陣である。ドイツでは「認証ブランド」が製造されている。
今回受賞したパイロット表シリーズは最も重要なシリーズです。ランカのパイロット表は「原汁原味」と呼ばれたドイツのパイロット表。