アルフレッド・海威格タブ学校新学徒入学

2013年はち月じゅうく日、ドイツゲーラ苏蒂オリジナルタブ工場の部下のアルフレッド・海威格タブ学校を迎えた28人の新学徒入学。この28人の見習い、24人は勉強の専門技能表、よんしよ人学習ツールを製造に必要な知識。例年において、その採用人数がいち倍近く増えた、この家萨克逊タブ工場は全世界での成長の高級腕時計需要をの時代に対応。
ゲーラ苏蒂オリジナルの総経理の古ッター・ウィガン(Gうさnter Wiegand)新学徒たちに紹介した校長昆納·莫勒(Gunnar Mうller)及び教師チーム。新しい1期の学生のクラスはこの家タブ学校2001年にゲーラ苏蒂鎮開催以来の第じゅうさん回。
年の運営で、その学院は毎年12名の製表を募集している。今年は、ゲーラ苏蒂オリジナルは時計職人学徒の入学定員が倍に増えて24人。初級工具製造師の募集人数も3人から4人増えている。
この学校の入学定員の増加とともに、学生募集の範囲も徐々にドイツ各地に拡大している。今年はこの回未来の時計職人と工具製造師中からハンブルク(Hamburg)、ライン蘭(Rhineland)やバーデン-符腾堡(Baden-Wうrttemberg)などの若者。