ゲーラ苏蒂オリジナルチューリッヒ映画祭専属貴賓庁星が光る

第九回チューリッヒ映画祭は10月5日開催の授賞パーティーで、心の中で心の高まりを感動させた。その夜、ゲーラ苏蒂オリジナルを振り返った今回のチューリッヒ映画盛会多彩にして奨励10日過程。当チューリッヒ映画界の公式パートナー、ゲーラ苏蒂を映画祭に専属貴賓庁。
第九回チューリッヒ映画界の公式パートナー、萨克逊タブ工場を設立ゲーラ苏蒂オリジナル映画祭に専属貴賓庁で、ここは世界各地の映画人とメディアの代表のヒット集合点。自きゅう、く月27日からじゅう月ご日の期間は、Stadthausquaiじゅういち近隣映画祭、活動現場のゲーラ苏蒂オリジナル貴賓庁興奮忙しい来賓を提供するために静かな憩いの港灣ほのぼの。見学者の利用できるいい雰囲気を休めるここのリラックス、静かに仕事や同僚や他の映画ファンと会見。ゲーラ苏蒂オリジナルも同時に誘った興味深いの賓客を新しい近距離Pavoninaシリーズレディース腕時計の魅力的な風採。
貴賓庁は取材角を設けて。映画関係者とメディアの代表たちはそれを利用してもっぱら施設の地域、第9回チューリッヒ映画上映回期間の122映画の俳優、監督やプロデューサーを1対1のインタビュー、討論映画の面。
また、ゲーラ苏蒂オリジナルはまたここで厳かな接待貴賓レベルは世界の映画界の有名人。グローバル総裁彦・ガンマ線さん(Yann Gamard)が出迎えた映画祭の審査団氏ベロニカ・費リエル(Veronica Ferres)と今年チューリッヒ映画祭の一群の大物プロデューサーを含むスイスドキュメンタリーマーカス・伊姆ホフ(Markus Imhoof―「MORE Thanハニー』)やアカデミー最優秀出演女優メリッサ・リオ(Melissa1年位―『ザFighter』)、彼らも出席したゲーラ苏蒂オリジナル貴賓庁で開かれた審議団やディナーパーティー。この家萨克逊タブ商同時に光栄に来てください映画プロデューサーのティム・ベヴァン(Tim Bevan)。イギリス創設した有名な映画制作会社「WorkingについてFilms」のティムに輝いた今回のチューリッヒ映画祭の「事業成就賞」。