モデルの坂口健太郎、水原佑果らも新作を紹介

1995年にスタートした「ポール・スミス ウォッチ」。アパレルと同様に、「Classic with a twist(ひねりのあるクラシック)」を掲げて毎シーズン、新作を発表しつづけている。

そのカラーリングだけでなく、シリーズ名も特徴的なことで知られている。英国やポール・スミス氏自身が好んだアートや趣味にちなんでつけらているからだ。ケースバックにはシリーズ名由来のモチーフがエッチングされるなど、ポール・スミス氏のこだわりが随所から感じられる。

20周年のスペシャルページでは、「My Favourite, My Paul Smith WATCH ポール・スミス ウォッチと私」と題したスペシャルコンテンツも登場。2015年春夏シーズンの新作ウォッチ3モデル(チャーチストリート・クロノグラフ、ヘイワード、チルタン)の魅力を、モデルや俳優として活躍する坂口健太郎、モデルの水原佑果、建築家の谷尻誠の3氏が、ポール・スミス ウォッチのある日常をダイアリー風に紹介している。