超薄デザインの戦いを響かせ、ラングSaxoniaを味わうセインの薄金モデル。

多くのブランド腕時計は薄さのデザイン合戦を始めました。腕時計メーカーが重視しているのは腕時計の機能と精度だけではなく、外観デザインも目を奪われて輝くということです。腕時計を薄くするのは殻の厚さだけではなく、内部のムーブメントのデザインと構造も変化しますので、薄型腕時計を作る技術は普通の仕事ではなく、視覚的な美意識だけでなく、腕時計の基本機能を保証するための重要な考えです。続いて、腕時計の家ではラングSaxonia Thinシリーズの極薄バラゴールドモデルをご一緒に味わうことになります。公式モデルは211.032です。