Swatch装置51シリーズの品質と価格性能比はどうですか?

Swatch装置51シリーズは革命的な機械時計で、2013年に誕生しました。その年はちょうどSwatchブランド創立30周年です。1983年には、Swatchブランドは51の部品だけでクオーツ製品を実現し、日本のクオーツの脅威を一気に逆転しました。2013年にSwatchブランド30周年を記念して、Swatch社は依然として51個の部品を使って自動機械表を作ることを決めました。装置51シリーズが誕生しました。
51腕時計は完全に自動化された環境で生産された腕時計で、ムーブメント全体にねじが一つしかなく、残りの部品は全部溶接されています。装置51シリーズの腕時計は修理できないし、無傷分解もできません。いわゆる「保証期間」の中で問題が発生しました。装置51シリーズの腕時計はプラスチックケースと金属ケースの2種類に分けられています。価格は1500元からです。装置51シリーズは市場で見られる一番安いスイス製の自動腕時計で、機械時計の初心者向きです。