ロンジン、新型の嘉嵐シリーズの腕時計を発売しました。

ロンジンの嵐シリーズは1992年の誕生以来、ブランドの象徴として多くの男性と女性消費者に愛されてきました。数年来、嘉嵐シリーズは絶えず開拓して、経典の伝統と優雅な設計をしっかりと守りますと同時に、各種の豊富で多様な新しいデザインを出します。現在、ロンジンはこのシリーズのモデルの文字盤とバンドのデザインにロゴの青い要素を加えています。
ロンジンの新型嘉嵐シリーズの腕時計はクラシックなスタイルを受け継ぐと同時に、現代の精緻な生活を色彩で描くことが好きな人たちを引きつけます。ケースの独創的なデザインは、嘉嵐シリーズの超薄型で滑らかな形をしています。時計の背と時計の耳とチェーンが巧みにつながっていて、優美で均整がとれていて、渾然一体となっています。ロンジンはこの設計の特許を持っています。
ロンジンの嘉嵐シリーズの部分のデザインはダイヤモンドを入れて、全部で4種類の異なっているサイズの時計の殻を提供して選択することができます(直径の24ミリ、29ミリ、36ミリあるいは37ミリ)。ブルーの太陽模様の文字盤は、宝石、ダイヤモンド、またはローマ数字の時の標識をつけて、文字盤の色と相乗効果があるブルーの短いキスワニの皮のバンド、または精密鋼の時計のチェーンを組み合わせます。