TUDORチュードル碧湾1958型シリーズ腕時計

2018年には、首の帝舵表の元の工場のコアが発売されてから3年、帝舵表は第2の機関のコアシリーズを発表します。ムーブメントを備えMT5402時間、分と秒の表示機能、直径26ミリ、もっぱらチュードル表中型表の設計。この機軸は帝舵表の元の工場の機軸の経典の外観と磨き工芸を伝承しています。透かし彫りは磨かれた砂の加工処理、板挟板とメインクリップは、噴砂を飾り、レーザー飾りを飾ります。慣性トリマバランス摆轮両側堅固な横板に固定し、配備非磁性シリコン糸遊。機軸の構造は巧みに設計して、しっかりしている堅固な、持続的な耐久性を確保する。この金を獲得しスイスムーブメント精密時計テストセンター(COSC)が発行天文台認証。その動力の備蓄は70時間にわたって、換言すれば、金曜日の夜に時計を外して、月曜日の朝に腕をつけて正常に使うだけで、チェーンを再開する必要はありません。
チュードル時計ブランドから20世纪の60年代の折りたたみリベットバンドに霊感を汲み取って、設計碧湾1958型のバンド。リベットバンドは独創性のデザインの特色で有名で、両側鎖リンク接続をリベット頭が独特の階段状構造。碧湾1958型のバンド一方に溶け込んでこの二つの経典の美学の特徴である一方、ソリッド鎖リンクを採用し、現代的製造工芸溶け込む。この表札は全部で3つの表帯のオプションがあって、鋼の表帯の外で、その他2項は摺印の茶色のベルトで;および黒の織紋の表帯で、綴りは金色の縫いで糸を縫っています。この織紋バンドはフランス圣艾蒂安(St-Etienne)地域には150年の歴史を持つ家の家族企業の伝統工芸生産ジャガード。織紋表は帝舵表の大きな特色で、革新的なデザインとされています。