マイナー表元祖、文豪の創造、200年以上も個性に専念する!

この数年に独立タブブランドはとても多くて、指をしても数え切れない、名前からの声より有名な大物や重視の宣伝の親民上物で、少しマイナーらしいが、優位性はこれらすべては、ケースからムーブメント使用竜式自給は、基本的には限定モデルだけでなく、マイナーなブランドの意味個性があって、またぜいたく品。この中Manufacture Royale(中国語どんな名前を聞かないで、直訳は出ないQAQ、私も知りたい!!)。
ブランドの創立の起源にはさかのぼる「ボルテールの世紀」(じゅうはち世紀)には、フランスその啓蒙思想家で、彼は1770年に走ってジュネーヴ設立したタブ工房、近代に引っ越したワロ布、自由主義思想のボルテールはすぐにデザインした性格が鮮明で、強力な視覚の衝撃の腕時計。兼職、兼職商人の先駆けとして、奔放に表廠をつけて、自由。ましてや執着のなのなのに創造的な、後代の自然はどうしても負けたくない、今までManufacture Royaleは代表して遊ぶのが好きな独立した人格の設計のブランド。
新型分をさん種類:それぞれ紫、靑CVDコーティングのチタン項及びカーキ緑CVDコーティングの粉金金。私たちが熟知PVDコーティング、CVDコーティングはどんなものですか?簡単には1種のは透明の金属酸化物の瀋殿物の構成の塗料、共通の応用モデルをダイヤモンドコーティング。表項に大量のコーティング色と表の材質と比較し、違う色の光の中ではまだ大きいかもしれない、見るたびに新しいサプライズだろう。