クォーツウォッチはバッテリーチップを交換する必要があります

1.クォーツ時計は一般的にバッテリー寿命インジケーター機能を備えています

スリーハンド(またはセカンドハンド)のクォーツウォッチは、基本的にバッテリー寿命インジケーター機能を備えており、バッテリー容量が切れそうになり、電圧が下がり始めると、セカンドハンドは4秒間休止し、その後4秒間急速にジャンプします。時計は2秒間一時停止し、その後2秒間急速にジャンプします。この機能は、EOL(BATTERY END-OF-LIFE INDICATION)と呼ばれます。この現象が発生した場合は、バッテリーを時間内に交換する必要があります。その間、時計は輸送後約1週間から半月持ちます。 (両手クォーツ時計にはこの機能はありません)

2.時計の裏表紙のステッカーには、次回のバッテリー交換日が記載されています

時計を購入する際は、裏表紙のステッカーに記載されている次のバッテリー交換の日付に注意する必要がありますが、通常、実際のバッテリー寿命は長くなります。

3.時計が突然遅くなったり、時々止まったりする

バッテリーの電力が低下して容量が不足すると、バッテリーの内部抵抗が増加し、電圧が低下します。特に、電流出力が比較的大きい場合や外気温が比較的低い場合は、時計が停止したり、突然遅くなったり、場合によっては速度が低下したりします。歩きながら止まる現象。 4.時計のデジタル表示が暗くなり、アラーム機能があるとデジタル表示が消えます。弊店ではロレックス等スーパーコピー時計を扱っております。感謝の気持ちを込めて本日から全商品に対して10%安くいたします。どうぞご利用ください。