No.1時計師ブランドとして、メカニズムもスタイルも円熟期に

現代時計界のカリスマ、時計師フランク・ミュラーには、ふたつの顔がある。ひとつは、主にブレゲに代表される優れた時計師の遺志を継ぐ“Master of Complication(複雑時計の巨匠)”という顔。そしてもうひとつが、腕時計を「時を知る道具」ではなく「時を楽しむ道具」に変えた“時計界の前衛芸術家”という顔だ。1992年のブランド創設以来、伝説的な発展を遂げた彼と彼の後継者たちによる世界No.1の時計ブランド「フランク・ミュラー」の製品も現在、このふたつのカテゴリーで展開され、世界中のファンを楽しませている。

2012年1月、ジュネーブ郊外のジャントーにある本社シャトーで開催された独自の展示会「W.P.H.H.」で発表された新作は、基本的には昨年2011年のモデルをさらに進化、発展させたものだ。

たとえば、複雑時計の巨匠としての実力が遺憾なく発揮された、直径20mmという超特大サイズのトゥールビヨン脱進機を備える「ギガ・トゥールビヨン」もバリエーションが充実。また、ケースから文字盤まですべてをブラックのクロコダイル革の意匠でまとめた「ブラック・クロコ」には待望のクロノグラフモデルと、時針が毎正時にアクロバティックに運針する“クレイジー・アワーズ”モデルが登場。さらに2010年に発表された本格スポーツモデル「コンキスタドール・グランプリ」にも、日本限定モデルが発表された。そして今年、斬新な文字盤の意匠で来場者の目を釘づけにしたのが「ゴシック・アロンジェ」と、まるでアンティークモデルのような古き良きテイストの「ヴィンテージ」。

これ以外にも、世界最小の自動巻きトゥールビヨンモデルなど、新作の製品バリエーションは充実をきわめており、一度の取材では把握できないほど。他と比較すればあたらしいブランドではあるが、すでに円熟期を迎えているといっていいだろう。