アジアのブライトリング初の新しいコンセプトの旗艦店が北京にオープン

このコンセプトストアは新しいデザインコンセプトを採用しており、建設に6か月を費やした旗艦店は160平方メートルの店舗面積と9メートルの高さの建物のファサードを持っています。

旗艦店のインテリアは、主に産業建築のスタイルに基づいており、レトロとモダンが融合した快適で心地よい雰囲気を演出しています。 快適でファッショナブルな店舗スペース全体で、ゲストは海、陸、空気をカバーする200を超える手首の傑作、日本から特別に輸入されたレンガで作られた10,000を超える立体壁、1960年代のブライトリングを使用します。 レトロなネオンのロゴと本格的なプールとバーのテーブル。