名表の価格は引き続きカルティエに下がります。5月2日から貴金属ブルーバルーンは4%-10%値下げします。

これまで贅沢品価格の戦略は非常に慎重でしたが、昨年からは名表価格の調整が続いています。今日、冠亜名表城は5月2日からカルティエブルーバルーンシリーズの貴金属腕時計の値下げが予想されると発表しました。カルティエは確かに値下げの計画があると最終的に確認しましたが、まだ具体的な値引き幅とモデル範囲は発表されていません。
国内の有名な時計の販売店の冠亜の名表城の提供するニュースによって、カルティエは今回価格を調整して青い気球のシリーズの貴金属の腕時計だけに対して、宝石の腕時計とK金の腕時計を含んで、共に70のデザインに関連して、値下がりの幅は最高で10%に達します。今月初め、つまり4月1日から、一部の表の中国大陸の公定価格に対して積家が値上がりしました。幅は小さいです。基本的には1%から5%ぐらいです。市場の温度が下がり続けるにつれて、価格調整は日常的に行われてきました。ただ、カルティエの値下げに関する表が多いとは思いませんでしたが、関連するシリーズは一つしかなく、一番売れていると言われています。
しかし、価格の引き下げは多くの消費者にとって、いいニュースです。国がクロスボーダープラットフォームと入国物品ルートを管理し始めて、新税政策を発表する背景において、腕時計を買うのは一番安心な方法です。やはり国内で時計を買うのです。もちろん、国内の価格は2015年に何度も調整されました。後、多くの時計は明らかな価格の下落がありましたが、海外に比べて価格が高いため、ブランドの値下げの譲渡行為は消費者にとって奨励と利益です。国内で腕時計を買うと、海外よりもっと便利になります。少なくともアフターサービスのほうがいいです。