B格上の価格はアドバンス優先――Constancio登Manufactureシリーズ経典世界時腕時計

Constancio登、万年暦…彼ら二人の結合かもしれない一部の時計ファンが感じ耳につく種の感が、否定できないのは、この茶色の盤面のManufactureシリーズ経典世界時腕時計も外観からは、品質や価格は上がってきて見て、超棒の選択。ブランドを世界にこのかなり実用の複雑な機能とバラの金めっきケースや茶色のテーマ盤面結合のやり方は、与えられたこの表の一種独特の魅力もない私たちの財布の傷んの基礎の上に、最大限の提供した尊高い質感と優雅息。
は2017年バーゼル表展開幕前に発表して、この茶色の盤面の優秀な時計となったConstancio登傘下世界時表のシリーズの中での新晋の一員。42mmサイズの精鋼のケースは全身がバラの金めっき層、盤面色が似合う革バンド提供して快適な装着感を、材質と色で2種類の暖色の運用でこの表は有力引き立て装着者ゆかし匂いながらも、その価格をはるかに超えてレベルの尊い質感。
まるで他の大多数のConstancio登傘下のManufacture世界時表のように、この枚新しい時計を採用した世界地図の図案も丹念に刻んで盤面の真ん中に、二十四の主のタイムゾーンの分布はその外縁式の設計。これは全くといっていいであるが極めてありふれた世界時機能設計スタイルが、小編含め、小編の同僚を含め、すべて非常の好きというアンケート調子は。現地時間は、真ん中の盤面に指示をめぐって、その週辺の二つの円盤は用いて昼夜を24時間や24の主要都市のタイムゾーンに対応時間の表示。装着者を知りたいならどちらかの都市の時間だけを通して、表冠を回して対応都市正常なじゅうに時位、24時間環も次に自動調整後、中央指針だけによって、簡単に分かった時間。ろく時位先の子文字盤は日付表示機能は便利であるが、本当の話を言って、真心を見てあるカレンダー窓より、その出現は間違いない本は複雑な世界にまた盤面を添えたそれを落とした冗長感、ふう……