ロンジンは1万元の価格で本当に支配できますか? そうは思わない

ロンジンとアイボがスイスの時計で費用対効果が高いことで知られるとき、彼らの熱意はオメガとIWCに劣らない。ロンジンとアイボシは同じスタイルを持ち、どちらもスイスの古典芸術時計製造を追求し、職場の人々に非常に適したクラシックでエレガントなスタイルを採用しています。それで、私たちが選ぶ価値のあるこれら2つのブランドの人気モデルは何ですか?時計仕掛けの魚があなたのためにそれをやってみましょう。
青は常にベゼルの主流の色の1つであり、時計仕掛けの魚は特に青が好きです。このアクアマリンローマの休日は、一方で非常に費用対効果の高い構成と魅力的な外観のため、一方で彼はその素晴らしいグラデーションブルー、ダイヤルの異なる角度から見ることができる深いロイヤルブルーダイヤルを持っています白いバーの鱗を横切る剣のようなタフィーポインターは穏やかでエレガントに見え、多くのテーブルフレンドに愛されています。
ETA 2892-A2の動きは、完全に透明なダイヤルを通してはっきりと観察できます。ダイヤルも、洗練された魚の鱗で美しく装飾されています。クラウンはプッシュプルレトロオニオンクラウンです。拡大クラウンデザインは深い溝を使用しており、手動チェーンの利便性を大幅に向上させます。アレルギーを避けてください。