5000元のエントリ機械式時計、私はこれらをお勧めします

機械式時計のこの価格、動きの研磨は、主に最高の機能と外観を選択するために、主に違いはありません。 今日は5,000元前後のいくつかのモデルを紹介します、みんながそれを気に入ってくれることを願っています。
1970年代後半の最初のリリースから今日まで、Mido Berencelliシリーズは、クラシックな建築美学と時計とその時代を超越したデザイン哲学の融合です。

直径37 mmのステンレススチール製の時計、シンプルなローマ数字はシルバーホワイトダイヤルに特にはっきりと表示され、カレンダー表示ウィンドウは3時位置にあり、見やすくなっています。