いま欲しいのはオールドファン感涙の金G

昭和50(1975)年生まれの自分にとって、昭和58(1983)年に誕生したG-SHOCKには同世代感がある。ファッションや音楽といったカルチャーへの興味が芽生え始めると、その同軸上に存在したG-SHOCKにも興味を覚えるのは必然だった。はじめて自腹購入した時計であるだけでなく、時計の仕事をするようになっても、首尾一貫してその動向を追いかけている。誕生からブームとその終焉、そして復活から、世界ブランドへという激動の時代をすべて目の当たりに出来たブランドというのは、他にはない。そういう点でも特別なのだ。

名だたるブランドの高級時計を購入するようになった今でも、結局G-SHOCKを購入してしまうのは、時計としてだけでなく、自分のライフスタイルに深く根差した存在だからなのかもしれない。足元がナイキからチャーチになり、週末の予定がクラブ通いからドッグラン通いに代わっても、結局はG-SHOCKと共にある。これから先もこういった関係性を築いていきたいと切に願う唯一無二の時計ブランド、それがG-SHOCKなのである。

当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピーブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先: bestwatch2020@163.com