ジャーナリストが選ぶ極私的G-SHOCK_Vol.06:広田雅将

高校時代は山岳部に所属していた。で、山で使える時計を探して、結局スクエアのG-SHOCKを買った。ぶつけても壊れないし、ライトがあるため暗闇でも見やすいし、水に浸けても問題ない。当時は確かG-SHOCKのブームの前だったが、それとは関係なく、筆者はG-SHOCKに魅せられたのだった。

それから30年。山には登らなくなったが、代わりに温泉に行くようになった。あまり知られていないが、温泉の環境もかなりタフである。やはり温泉にもっていく時計を探しているが、今のところ「ガルフマン」GW-9110が理想に近いようだ。「外気に触れる部分をすべてチタン化」したというから、強酸性の温泉に浸けても理論上はまったく問題ない。加えてショックに強く、文字盤もぴかぴか光るから、露天風呂に持って行くにはうってつけだ。

しかも定価は2万7000円。機能を考えるとかなりお買い得ではないか。というわけで、次回の温泉行きには、9100を着けていくつもりだ。

ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏