亨吉無錫:太湖明珠、並外れた信念

無錫は昔から「魚と米の里」という美称があります。無錫は江南歴史名城として千年にわたって伝わってきた歴史文化記号を持っています。2010年に、非凡な意匠を持って、亨吉は情熱的な青春の若者を集めて、無錫での最初の店——無錫梁渓万達広場店を開設しました。この江南名城に敬意を表します。
今年になって、亨吉は無錫で8年間努力しました。亨吉無錫市の責任者である李雲さんによると、ブランド時計コピー現在亨吉は無錫に梁渓万達広場店と万象城店の2つの店があります。艾米龍、豪利時、梅、ティソなどのスイスの有名なブランドを集めて、経験豊富な名表修理技師もいます。全体の無錫チームは互いに助け合い、共に勉強し、協力して、無錫の梁渓万達広場店を亨利星の店にならせて、本部の指導者の愛顧を深く受けられます。成功の裏には、順風満帆というものもない。経営の過程で、デパートの品類配置の調整により、亨吉商店は地勢が非常に不利な位置に割り当てられました。苦境と挑戦の下で、亨吉無錫チームはみんなで志を合わせて城を形成して、重点的に古い顧客を守る同時に、優良品質のサービスによって新しい資源を蓄積して、苦境を突破します。2017年10月、チームは無錫万象城店の開業を迎えました。同城の比率、ブランドのカバー率、店舗の資源共有の優勢を増加しました。商業圏の販売比率を拡大し、綺麗な寝返り戦をしました。