日の腕時計はどんなものがありますか

日本の時計の発展を目撃した精工(SEIKO)、光動能を誇りにした西鉄城、そして親民腕時計カシオ、これらの優秀な時計のブランドはすべて日の腕時計のために絶えない新鮮な活力を注入して、そして現代人の腕時計の需要に迎合して、絶えず創造して、創作の思考を調整しなくて、日の腕時計の名声を世界の人の耳に伝えます。

 
1881年、優秀な日本人服部金太郎が服部時計店(SEIKOの前身)を創立して、彼の時計の製造を開始し、会社から世界初の商業化したポインタの石英腕時計――SEIKO ASTRN [ 35 SQ ]の登場で様々な電子革新と腕時計の融合の成果を上げた。そのため、この服部さんも日本人の心の中の「日本時計の王」となった。精工は石英表を発展させた時、機械表の研究も没落して、その機械製造の芸は腕時計ブランドを超えて、アジアの腕時計に恥じない存在となった。

 
世界初の石英表SEIKOのEIKO ASTRNは精工から出したもので、機械表の1本の独秀の腕時計の構造を覆して、腕時計の発展の無限の可能性を奮い立たせ、腕時計の移動時の誤差をさらに縮小し、電気と電子技術者協会(IEEE)に授与された「マイルストーン」(Miles ton Awワード)を獲得した。まさに石英表の異軍の突発で、日系腕時計は今の腕時計界の「干潮」になり、腕時計の一大発展傾向を引き取っている。