藤原さん版Tu HARRerA

Tag Heuerは近年ますます湿っていて、前には改表の達人Bamfdと協力して、黒の炭素繊維の殻に黒面の浅青盤を配したManaco Bamfamfamcodを作っていた。また、潮の看板にはタイマーが1枚作っていた。今回は、流行ゴッドファーザーの藤原ホが自作したフロンジャー・Designとのコラボで、Carreraを自らデザインした。Tag Heuer主帥Biバーさんによると、腕時計の設計は完全100分白から藤原ホが自由に発揮され、彼は60年代に1枚の黒面のカウントダウン表をブルーにした。かなり重いvintal味を残し、幼い時計、円形のカウントダウンボタン、黒の表盤、3つの黒のsb -ディal、米色夜光小刻みとポインタ、測定速度を表した外縁は、基本的にはサイズを除いて、まるでCarrera 247 NTが再生されている。現在の市場の好みに適していなければならなくて、直径の適量を大きくするのは避けられないが、今回の勝はかなり目盛りで、鋼の殻の大きさは39 mmで、40 mmの境界を超えていない。

連乗表はパートナーのロゴが少なく、旧HeuerロゴにはフロンジャーDesignの稲妻マークがあり、また4:30の位置測定器に「フラワー」の文字が印刷され、処理はsbleであるが、この小さな細部は十分注目されている。腕時計に搭載されているのは、Tag Heuerの自宅Heuer 02機のコアを搭載しており、記憶がなく、これが初めてのTag Heuerが自家製の自家製が非主流の腕時計で設計されている。