フランク・ミュラー CASABLANCA|カサブランカ

1994年に誕生した「カサブランカ」は、フランク・ミュラー初のSSケースを採用したコレクションで、現在も同ブランドを代表する人気モデルである。

モデル名は往年の傑作映画『カサブランカ』から名付けられている。1940年代の仏領モロッコを舞台に繰り広げられるストーリーからインスピレーション得て、サハラ砂漠の砂塵から“ステンレススティール”を、街頭すらない夜道から“夜光ダイヤル”を、うだるような熱さからタフな“カーフベルト”を着想。また、クラシカルなトノーケースも大きな魅力で、風防や文字盤自体もゆるやかな丸みを帯びており、非常にエレガントなデザインに仕上がっている。文字盤は写真のブラック、コパーのほかに、ホワイトも用意。

さらに、カサブランカのユニークな点は、ダイヤルの日焼けなどの経年変化を、“エイジング”としてポジティブに受け入れているところだ。そのために、文字盤やインデックスには、あえて変色しやすいように特殊な塗料が施されている。文字盤の焼け方は、ユーザーの使用環境によっても異なってくるため、使い込むうちに唯一無二の風合いが生み出される。愛着もひとしおというわけだ。