「時間勲章」飛亜達カメラマンの腕時計の新商品発表会

撮影は時間を記録し、腕の間に沈殿する。2014年8月23日、飛亜達はハルピン・松雷商業ビル南岡店で、飛亜達の「時勲章」2014年のカメラマンシリーズの新作発表会を盛大に開催した。イベント当日には、ブランド代弁者の古天楽さんが現地に登場し、2014年の最新発売のカメラマンの腕時計をゲストに展示し、デザインを含めた特別なチャリティーを披露している。
撮影は美しさを発見した芸術であり、記録時間を記録する魔術であり、カメラマンはレンズを通して生活を発見し、時間を知る奥妙である。発表会の現場では、古天楽は撮影愛好家であり、各地の特色ある建物を撮るのが大好きで、撮影に関連したものを集めることも大好きです。「写真を撮るのはきれいで、感じがある。本当に難しいことで、見ているのとは違う感じで、光と時間をどのように捉えるかを見ると」。大千の世界は美しくて美しい、発見の目で奇妙な瞬間を捕獲して、体験はもっと生活!カメラの要素を腕時計の上に使うのは、独特なだけではなく、興味を増している。古天楽は2009年からアダムブランドのキャラクターになったが、彼は常に前向きなイメージを持っている。ドアダによると、彼は腕時計について研究し、デザインを研究し始めた。今回は、古天楽はカメラマンシリーズを自ら展示し、ゲストとの交流について、一緒に撮影と時間の芸術を感じた。