百年の徳表、栄光復帰:徳表の前世の今生共有会

4月11日午後、ドイツのハイエンド腕時計代理グループ「柏の倍徳集団」会社大中華区総裁のヤオカさん、アモイ時計協会と華蘭仕事時計文化芸術交流センターの招待を受けて、アモイのケビンスキーホテルの華蘭仕事時計城で「百年の徳表、栄光の回帰の徳表の前世の今生」が行われた会を分けます。これは徳表の知識についての共有であり、2015年の海峡両岸のアモイ時計ジュエリー博覧会が正式に幕を開いた「引子」でもある。
分かち合う会が始まる前に、姚総は軽工業時計研究所の所長、『時計』雑誌社長の張放さん、アモイの新財経チャンネルの記者とともに時計業界の国内外の現状を検討した。国内最大、最も専門的な徳表の代理グループ、姚総もみんなのためにドイツの時計の一連の仕入れの流れを解答して、みんなにはっきりしていて美しい時計はどのようにドイツの工場から中国の消費者の手に到着したのです。
その後、アモイは新財経チャンネルで姚総訪問を行った。インタビューの過程で、姚は総勢の経営理念と発展の過程を紹介しました。グループ本社はドイツハンブルクにあり、それぞれイギリスロンドンと中国アモイで支社を設立した。2003年から、柏の倍徳グループは、中国の消費者に高品質のヨーロッパ腕時計着用体験に力を入れており、多くのドイツやヨーロッパの他の国の有名な腕時計ブランドの中国区総代理となっていて、正規の販売許可を持っていて、中国区の全方位のマーケティングを担当しています。製造、国際物流、アフターサービスなどの一体化サービスの内容。